筋トレ法1

筋トレの王道といえば腹筋。お腹まわりを引き締めるためには、毎日の継続が何より大切です。

しかし、いざ「やるぞ!」と決意しても、しばらくすると挫折してしまう……。そんな人は世代を問わず少なくないはず。なんとか手軽に、お腹を凹ませる方法はないものか。

そこでライフネット生命では、筋トレのエキスパートである、ボディデザイナーの森俊憲さん監修のもと、効率的に筋肉を鍛えるトレーニング法(アブアイソメトリック/サイドブリッジ)を動画で収録。1日3分、自宅で簡単にできる筋トレのやり方をご紹介していきます。今回はお腹まわり編です。

 

 

●アブアイソメトリック

筋トレ法2

自分のカラダひとつで手軽に行えるポーズです。お腹のコアマッスルを目覚めさせ、基礎代謝を上げる効果も期待できます。

一見、簡単そうに見えますが、やってみると意外ときついもの。この姿勢のまま30秒キープが目標ですが、無理をしすぎず、まずは10秒キープを目安に、少しずつタイムを伸ばしていきましょう。

【やり方】
①床に四つん這いになる

②両方のヒジをつく

③膝を伸ばし、30秒間姿勢をキープ

※このとき、頭とかかとまでが一直線になるように注意しましょう!

30秒だと物足りない人は、同じポーズをとった状態で、「片方の手をまっすぐ伸ばしたままキープ」すると、よりハードに鍛えられます。

●サイドブリッジ
筋トレ法3
わき腹を集中的に鍛えるポーズです。こちらも30秒ずつ、必ず反対側もやりましょう!

「アブアイソメトリック」もそうですが、大事なのは“毎日続けること”。30秒がきつい人は、10秒からでも、続けることでタイムを伸ばしていくことが可能です。

【やり方】
①床に片方のヒジをついて横になる

②片手は腰に軽く添える

③腰を持ち上げ、ヒジと足で体をささえる

④そのまま30秒キープ

※このとき、腰が下がったり、前のめりになったりしないように、わき腹の筋肉を意識しましょう。また、わき腹にしっかり力が入っていないと、お尻が後ろに出てしまうので注意してください!

 

<実演・監修>
森俊憲(もり・としのり)
株式会社ボディクエスト代表。ネットを活用した独自のWEBシステムや専用アプリを開発し、受講者が自宅に居ながらマンツーマンの指導・支援を受けられるオンライン上のフィットネスサービスを展開。これまでに6,000名以上への体型管理カウンセリングやパーソナルトレーニングを行う。著書に『へやトレ』(主婦の友社)、『読む筋トレ』(扶桑社)など
HP:http://bodyquest.jp/

<クレジット>
取材・構成/小山田裕哉
動画制作/松下類