14103102_1

編集長の岩田です。ライフネットジャーナル オンラインがどのくらい“メディア”として認められているのか試してみるため、東京国際映画祭にて新設された第1回“SAMURAI(サムライ)”賞の授賞式に取材申請をしてみました。すると……あっさり通りました(笑)。

そこで今回は、授賞式当日行われた北野武監督と若手の映画監督のスペシャルトークイベント「日本映画の今と未来」の模様をご紹介してみます。

トークショーは、若手監督からの質問に北野監督が回答する形式で行われました。質問は基本、映画に関するものなのですが、北野監督の回答は私たちの仕事の参考になる、十分聞き応えがあるものでした。

以下、若手監督(Q)と北野武監督(A)の質疑応答です。

Q:映画監督では食べていけないとずっと言われていた。自分の好きなことをやるには、自己責任が当たり前で、覚悟を決めないといけないのか。それとも、リスクを負わなくても映画監督のチカラを発揮出来るような仕組みが必要なのか、どちらでしょうか。

A:オレは入れ替わり現象というのを大切にしていて、まずはお笑いからスタートして、仕事のオファーを貰って、その後映画監督になった。そこで止まるのではなく、その後「オレは映画監督」だというネタをお笑いに持ってくる。

すると、自分でやる映画コントは自分が一番うまいと思えるようになる。自分は本物の監督なんだから。だから監督やってお笑い、お笑いから監督と入れ替わり、俊敏に発想を変えている。映画・映画・映画ってなってくると、微妙に頭が固くなってしまって、ほかのものに目がいかなくなる。それはよくない。

映画監督を目指す人には、エンターテイメント全体を見渡して、映画のいいところと悪いところをちゃんと見てほしい。映画に尽くすのではなく、逆に尽くさせるというか、金貸しているんだくらいの感覚で。

Q:私はアニメを作っています。監督が作品を作る上で意識をしていることは?

14103102_2

A:映画も何でもそうだけど、エンターテイメントには、タイプがあって、(例えば)B級グルメ大会があれば、一方で世界一のシェフを決める大会のようなものがある。それらが同時に行われた場合、自分はどっちのタイプの大会に出ようとしているのか決めればよくて……。

だから、自分が描きたいものを自分なりに描けばいいし、でも他人は違うよといっちゃいけない。

オレはアニメが大嫌いで、宮崎監督がホント嫌いですけど、認めてますよ。スゴい稼いでいるなと(笑)。

オレがアニメを好きになれないように、同じエンターテイメントにも好き嫌いはある。そのなかから自分の頭でこれが良いということをやるべきであって、だけど自分が嫌だと思うものも認めなければいけない。そういう余裕が必要だと思う。世の中にはほかの意見もあるということを忘れずに、自分の好きなことを進めればいい。

(次ページ)表現に対する規制は必要? 映画に個性は必要?