15063002_1

「身近な人が“がん”を経験した」という方、結構多いのではないでしょうか?それもそのはず、「がんの統計’14」(公益財団法人がん研究振興財団)によると、日本人の2人に1人が、一生のうちに一度は「がん」と診断される時代なのです。

昔は「不治の病」というイメージがありましたが、治療法は年々進化しており、現在は治療を続けるための費用やご自身や家族の生活費といった備えが重要になっています。

「がん」に対する備えを保険でカバーしようとした時に該当するのは、主に「がん保険」と「医療保険」になります。この2つの違いを知ると、自分のニーズに合わせた保険を選ぶことができるのではないでしょうか。

■「がん保険」と「医療保険」の違いって?

●がん保険とは、がんの保障に特化した保険です
がん保険とは、原則「がん」のみを保障の対象としている保険のことです。給付金の種類はいくつかありますが、いずれも「がん」が原因のときだけ支払われるというところが共通しています。

・がん保険のよくある給付金
15063002_2(2)

これらの給付金が支払われるがん保険だけではなく、先進医療や抗がん剤治療、がん治療のための通院が保障されたり、女性特有のがんの際に保障が上乗せされたりするものなど、保障内容にはバリエーションがあります。

●がん保険と医療保険の違い
がん保険と医療保険の保障範囲を比べてみましょう。「がん」のときだけ保障されればよいというなら、「がん保険」。原因問わず、入院・手術の際に保障してほしい場合は、医療保険がニーズにあっているといえます。

・がん保険の保障範囲
15063002_3

・医療保険の保障範囲
15063002_4

●「がんの保障」が充実した「医療保険」ってあるの?
ベーシックな医療の保障に、

  • がんになったときの保障
  • 先進医療保障
  • がん以外の心疾患や脳血管疾患といった3大生活習慣病での入院時の保障

といった保障がついた充実したタイプの医療保険があります。現在、医療保険に加入されていない方や、手厚く備えておきたいと思う方は、そのような医療保険を選ぶとよいでしょう。

■がんにはどんな備えが必要?

●自由に使える一時金が受け取れるタイプがおすすめ!
健康保険制度適用外で患者が全額自己負担しなければならない「差額ベッド代」は、治療費以外の費用として大きな負担となります。また、本人の希望で個室に入った場合は、全額自己負担となり高額療養費制度(※)の対象からもはずされます。

※医療機関や薬局の窓口で支払った額(入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。)が、1か月(暦月で計算するため、月初から末日まで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する健康保険や国民健康保険などの制度です。

このほか、通院の交通費、通院治療を受けるために宿泊施設を必要とする場合の費用、紹介状や保険請求のための書類作成費用、諸雑費など、治療費以外にも思わぬ費用がかかることがあります。また、治療中に仕事を休まざるを得なくなることを考えると、生活費に対する備えも必要ですね。

ですから、「がん」になった場合の保険を考えるのであれば、幅広い用途に使える一時金が受け取れるタイプの保障内容がおすすめです。
15063002_6(2)

●先進医療に備える場合は「技術料と同額」の給付金を受け取れるものがおすすめ!
がんの治療法の選択肢として、国が認めた「先進医療」(2015年6月1日現在で108種類)があります。先進医療には公的な保険が適用されないため、技術料は全額自己負担となります。金銭的負担が軽い場合もありますが、中には数百万円単位の高額となる治療もあります。
いずれにせよ、備えがあれば迷うことなく治療に専念できます。
15063002_7(2)
出典:平成25年度(平成24年7月1日~平成25年6月30日)実績報告より
(1件当たり平均値)=(各先進医療の先進医療部分にかかる費用の総額)÷(年間実施件数)

ライフネット生命の終身医療保険の「おすすめコース」は、がんの保障が充実したタイプの終身医療保険です。一時金の支払いも手厚く、先進医療を受けたときには技術料と同額の給付金を受け取ることができます。ぜひ一度、ご検討してみてください。

終身医療保険「新じぶんへの保険」
終身医療保険「新じぶんへの保険レディース」

<クレジット>
文/ライフネットジャーナル オンライン編集部

Powered by ライフネット生命保険

人生と仕事とお金について考えるメディアライフネットジャーナル オンライン 公式Facebook