梅崎伸幸さん(DetonatioN代表)

梅崎伸幸さん(DetonatioN Gaming代表)

Powered by ライフネット生命保険

e-Sportsという言葉を聞いたことがありますか? 正式には「エレクトロニック・スポーツ」。世界中の“ゲームの達人”たちが選手としてコンピューターゲームの腕前を競う、れっきとしたプロスポーツです。日本ではまだ認知度が低いですが、世界では競技人口が年々増え続け、2015年の市場規模は数百億円にも達しています。

この新しいプロスポーツの世界に、日本から挑戦をしている人たちがいます。それが「DetonatioN FocusMe(デトネーション・フォーカスミー)」。2015年1月に設立された、日本初の“フルタイム・月給制”のプロゲーマーチームです。チームに所属する選手たちは、職業として「ゲーマー」を選び、給料をもらいながら生活をしています。

どうして、そんなチームを立ち上げたのか? そして、日本ではまだあまり知られていない、e-Sports市場の盛り上がりとは? DetonatioN Gaming代表の梅崎伸幸さんに聞きました。

■競技人口は野球の倍以上

──ここ最近、e-Sportsという言葉をメディアで目にする機会が増えましたね。

梅崎:そうですね。昨年の春頃から、急速に世の中に広まりました。僕らが完全にプロとして活動を始めたのは2015年1月からですが、発表直後はゲーム専門のメディアに取り上げてもらったくらいで、あまり反響はありませんでした。

しかし昨年の春に、声優さんの専門学校が、「2016年4月から、プロゲーマーを養成する学科を設立する」と発表して、テレビや新聞も、「ゲーマーって、職業になるのか?」と注目してくれるようになりました。

──そもそも、海外ではかなり前からあるスポーツだとか。

梅崎:起源については諸説あるのですが、ブロードバンドが世界中に普及した2000年頃から人気になった「Counter-Strike」というオンラインゲームが、eスポーツを普及させたと言われています。

世界に何百万、何千万人というプレーヤーが生まれ、その頂点を決める大会が開催される。しかも、その試合もインターネットを通じて配信され、世界中のプレーヤーが観戦することができる。そうすると、スゴ腕のプレーヤーにたくさんのファンがつき、高額な報酬を支払うスポンサーがつく。こうして、「プロゲーマー」という職業が誕生しました。プロ野球やサッカーの選手とまったく同じですよ。

──現在の競技人口はどのくらいなのでしょう?

梅崎:僕らが主にプレーしているのは、「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド。通称”LoL”)」というオンラインゲームなんですが、これは世界でもっともプレーヤー数の多いゲームで、7000万人以上が遊んでいます。野球の競技人口が推定3500万人ですから、その倍以上のプレーヤーがいるわけです。ほかのタイトルもあわせると、e-Sports全体での競技人口は、1億数千万人という規模になります。

──そんなに! 日本でe-Sportsが浸透していないのが不思議なくらいです。

梅崎:いや、日本ではe-Sportsという言葉で呼ばれてこそいませんでしたが、「ストリートファイター」や「鉄拳」といった日本発の格闘ゲームも一大ジャンルですよ。世界的に有名な日本人プロゲーマーであるウメハラさん(梅原大吾さん)など、多くの選手が世界中の大会でしのぎを削っています。

そういう意味では、日本はe-Sports先進国になれたはずなんです。しかし、日本は「ゲームは趣味」というイメージが強すぎて、「職業になる」とは思われていません。僕らがチームを立ち上げたのは、そうしたイメージを変えて、「プロゲーマー」を職業として認知してもらいたいからなんです。

■賞金が億単位の大会もあるが……

──どうして、「フルタイム・月給制」という会社員のようなスタイルで設立したのですか?

梅崎:これは選手たちの年齢も関係しています。プロゲーマーは反射神経が問われるので、もっとも活躍できるのは15歳~25歳くらいまでと言われています。プロスポーツ選手と同じように、若いときがもっともコンディションがいいんです。その年頃の子たちに、今の日本のe-Sportsをめぐる環境で、「独立しなよ」とはなかなかいえません。

基本的にプロスポーツ選手というのは年棒制ですよね。活躍した年はものすごい金額になるけど、成績が不振だったらがくんと落ちる。一攫千金の夢はあるけど、リスクもある世界です。それって、親御さんからしたら不安ですよね? ただでさえ日本には、「ゲームで食う」というイメージがないので、僕らは「ちゃんと職業として給料を支払います」とアピールしていかなければなりません。

D2

ホームページで紹介されているDetonatioN Gamingのチームメンバーたち。若い世代の選手がそろっている

──給与はどのようにまかなっているのですか?

梅崎:基本的にはスポンサー料です。世界の大会によっては、優勝賞金が1億円というケースもあるのですが……。

──賞金1億円ですか!

梅崎:でも、私からすると大会の賞金はボーナス程度の認識なんです。「賞金が億単位、つまりプロゲーマーは稼げる!」と誤解している人が非常に多いのですが、ほとんどのオンラインゲームはチームプレーなので、賞金の7割はチームの運営費用になります。ここのようなゲーミングハウスを維持したり、遠征費用をまかなったりするわけです。そうすると、残りの3,000万円をチームの人数で割ることになります。

そう考えたら、たとえ1億円の優勝賞金を手にしたとしても、とても稼げるとは言えないですよね。だから、賞金をあてにして運営はできないのです。それよりも、どれだけスポンサーが集まるかが重要になります。僕らも最初の頃こそ赤字ギリギリでしたが、e-Sportsが話題になったこの1年でスポンサーが増えてきたので、安定した経営ができるようになってきました。

──所属選手の平均給与はどのくらいでしょうか?

梅崎:大会の成績のほか、普段の生活態度なども考慮して決まります。およそ大卒の初任給くらいです。そこに大会の賞金やイベントの出演料などがボーナスとして支払われるかたちです。

──なるほど。みなさんは、ここで合宿のようにひとつ屋根の下で共同生活をしていますよね。

梅崎:マネージャーである僕も含め、チームのメンバー8人がこの「ゲーミングハウス」で暮らしています。「LoL」は5人1組のチームで戦うアクションゲームなので、チームプレーが勝敗を左右するんですよ。一緒に暮らして、互いにどう思っているか言わなくてもわかるくらい、日頃から密なコミュニケーションをしていることが重要なんです。サッカーのアイコンタクトみたいなことですね。

──普段はどんな生活を?

梅崎:選手は1日10時間練習をします。週末には大会に出場するか、休日に充てるか。本当にゲームだけに没頭した生活なので、アマチュアとはどんどん差がついていきます。

──むしろ、そのぐらい没頭しなければ、世界では勝てない?

梅崎:そうです。僕自身も以前は選手だったのですが、実際に世界大会に出場したとき、あまりのレベルの差に愕然としました。そのとき味わった悔しさも、DetonatioN Gaming設立のきっかけになっています。

ゲーミングハウスのホワイトボードに書かれた「1日のスケジュール」

ゲーミングハウスのホワイトボードに書かれた「1日のスケジュール」

■ゲームと学校の勉強を両立させた驚きの手口

──梅崎さん自身も選手だったとのことですが、これまでのゲーム遍歴とは?

梅崎:僕がオンラインゲームを始めたのは15歳のときです。So-netさんが運営していた「TANARUS」というシューテングゲームにドハマリしました。

──家庭用ゲーム機ではなくて、いきなりオンラインゲームに?

梅崎:もちろん、スーパーファミコンやプレイステーションも遊んでいましたよ。でも、オンラインゲームに初めて触れたときの衝撃がデカかった。高校の友人から「めちゃくちゃおもしろいよ」と熱心にすすめられてやり始めたのですが、もう本当に……、ハマりましたねえ(笑)。

16030801_3

──何がそんなに衝撃的だったのでしょう?

梅崎:コンピューター相手ではなく、オンラインの向こう側にいる現実のプレーヤーたちと対戦できたことですね。しかも年齢層もバラバラで、相手が男か女かもわからない。「こんな世界があるんだ!」と度肝を抜かれました。

──でも、当時は回線利用料も高額でしたよね。よく高校生で……。

梅崎:だから、「テレホーダイ」を利用していました。当時は深夜23時から朝8時まで通信料が定額制の使い放題でした。その時間にゲームをする生活になってしまったので、いつも寝不足でした。

──学校の授業は大丈夫でした?

梅崎:実は僕は当時、生徒会長でした。そういう立場もあったので、学校をサボることはできない。それに親から文句を言われて回線契約を切られたら、ゲームができなくなってしまう。だから、朝の3時くらいまでゲームして、7時に起きて学校に行って授業は寝ると(笑)。でも授業を聞かないと成績が下がってしまうので、机の上にICレコーダーを置いて、テスト前に一気に勉強するんです。成績は常に上位をキープしていましたよ。

大学に入学してからは、今度は先ほどの「Counter-Strike」にハマって、同じような生活を繰り返しました(笑)。夜にゲームをやって、授業は寝て、ICレコーダーで勉強する。でも、そのやり方で成績トップで大学を卒業しました。

■世界大会で「日本にもあったんだ」と言われた

──マジメなのか不マジメなのか(笑)。それだけゲーム好きだったら、ゲーム会社への就職は考えなかったんですか?

梅崎:僕は超安定志向の人間だったんですよ。誰よりも僕自身が、「ゲーマーが職業になる」と思っていませんでした。ただ、趣味としてゲームはずっとやっていきたかったので、とにかく休みが多い企業に就職したいと。それで一部上場の大手企業で営業をやっていました。BtoBのメーカーだったので、スケジュールがかっちり決まっていました。ゲーマーにとっては本当に恵まれた環境で、休日が年間128日ありました。もう、ありがたくて。

──超安定志向だった梅崎さんが、そんな恵まれた環境を変えようと思ったのは?

梅崎:DetonatioN Gamingの母体になったチームを2012年7月に設立しました。当時は先ほどの「Counter-Strike Online」にまだ熱中していて、それだけハマっているんだから、いっそのこと世界大会を目指してみようと仲間たちと結成したんです。

そして、「WCG(World Cyber Games)2012」という中国で開催された大会に出場できました。実際に行ってみたら、まず、その規模の大きさに圧倒されました。数万人規模の会場でいろんなオンラインゲームの大会が開催されていて、世界中から選手や観客が集まっている。でも、日本人の存在感がまったくなかったんです。

──日本もゲーム大国なのに、オンラインゲームの世界大会ではほとんど注目されていなかった?

梅崎:ええ。しかも明らかに雰囲気が悪かったと記憶しています。会場内では、「日本にe-Sportsがあったんだ」と笑う声も聞こえました。それで「見返してやる!」と思ったけれど、結局は最下位で、これじゃあバカにされても仕方ないと。でも同時に、「このままでは終われない。世界で戦えるチームを日本にも作らなければ」という思いが芽生えました。本当に悔しかったんですよ。

■好きなことを仕事にするために必要なこと

──その経験が日本初のプロゲーマーチーム設立の原動力になったと。でも、自身がプロゲーマーになろうとは思わなかったんですか?

梅崎:僕も最初は選手として再挑戦しようと思っていました。でも、すでに僕は20代後半で、プロゲーマーの適正年齢は超えてしまっていた。そこで世界大会に同行してくれた、NEXON(オンラインゲームの大手企業)のプロデューサーだった方から、「もういい年齢なんだし、選手は引退して、後進を育てるためにマネージャーをやってみたら?」とアドバイスをもらったんです。

──ただ、当時は日本にプロゲーマー自体がほとんどいなかったわけですよね?

梅崎:そうです。だからプロゲーマーを目指すためのチームという位置づけでした。僕の仕事はスポンサー集めだったり、選手たちのケアだったり。そのくらいなら、会社員との2足のわらじができるかなと考えました。実際にやってみたら、かなり大変でしたけどね(笑)。

──その生活はいつまで?

梅崎:2足のわらじは結局、2014年末までの2年間続けました。その頃にはスポンサーが6社に増えて、もう現実的に対応が難しくなったんです。会社員を続けながらでは、もはや限界だと。一方で、なんとかチームを運営していくだけの資金は集まってきていました。それだったらと会社を辞めて、この仕事に専念することを決断したのです。

──安定した立場を捨てることに不安はなかったですか?

梅崎:自分ひとりだったら食べていく自信はありましたけど、チームを運営して、選手に給料を支払うとなると……、正直、不安でいっぱいでしたね。だから選手たちには状況を正直に話して、「とりあえず数か月はやっていけるだけの資金はあるけれど、先はどうなるかわからない」と話して、それでもいいと言ってくれた子たちが、今の所属選手たちです。

──現在の経営状況は?

梅崎:おかげさまで順調です。会社として維持費が年間3,000万円くらいかかるので、それ以上を稼ぐ必要があったのですが、e-Sportsの注目度が急速に増したこともあり、来年度の見通しとして、すでに売り上げ1億円を超える目処が立っています。

──それだけe-Sportsは今、アツいジャンルだということですね。しかし、元ゲーマーとしては、自分も大会に出たくなることがあるのではないですか?

梅崎:ときどき、自分も選手たちみたいにどっぷりゲーム漬けの毎日を送りたいと思うことがあります。ゲームがやりたくてこの世界に入ったはずなんですが、今はマネージャーとしての仕事が忙しすぎて、全然できてないですからね。会社員時代のほうが遊んでいたくらいです(笑)。

好きなことを仕事にしようとすると、ほかのこともしなきゃいけない。プロゲーマーなら1日中ゲームができますが、彼らだって、そのタイトルに飽きることは許されないし、ゲーム以外に、ファンとの交流を深める活動も重要。それがプロになるということなんですよね。

(後編に続く)

16030801_4
<プロフィール>
梅崎伸幸(うめざき・のぶゆき)
1983年福岡県生まれ。15歳で初めてオンラインシューテングゲーム「TANARUS」をプレーして以来、オンラインゲームの世界に熱中する。大学卒業後は会社員として働く一方、2012年にゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」を結成し、世界大会のWCG2012に出場。日本初のプロゲーマーチームを設立するために退職し、「LoL」のプロチーム「DetonatioN FocusMe」のマネージャーとして独立。同チームのほか、さまざまなe-Sportsチームが所属する「Multi-Gaming Team DetonatioN」のCEOも務める。

<クレジット>
取材・文/小山田裕哉
撮影/小島マサヒロ
画像提供/DetonatioN Gaming

Powered by ライフネット生命保険

後編もチェック!↓ライフネットジャーナル オンライン 公式Facebook