旅行やお仕事で海外に行く際、保険はどうしていますか?
ライフネット生命の医療保険は、保障の対象となるのが国内の医療機関での入院や治療に限られていますが、実はみなさんが加入している公的な健康保険に、渡航先での治療費などを補填する「海外療養費制度」があることはご存知ですか?

■海外療養費制度とは

海外療養費制度とは、国民皆保険である健康保険の制度のひとつで、海外旅行中や海外赴任中の急な病気やけがなどで現地の医療機関で診療等を受けた場合、医療費の一部払い戻しが受けられるものです(ただし、帰国後に申請しないと受けることはできません)。

海外療養費の支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められている医療行為に限られます。したがって、日本国内で保険適用外である、たとえば美容整形やインプラントなどの手術、その他の治療などは、給付の対象になりません。

給付の金額は、現地で受けたものと同等の治療を日本で受けた場合にかかる費用の自己負担分相当を超えた差額になります。為替レートや現地の物価、現地でとられた治療法によっては、給付額が少ない場合もありますが、渡航先によっては医療費がかなり高額になることがあるため、ぜひ知っておきたい制度です。

■海外療養費制度の対象にならないケース

また、ほかにもこの海外療養費制度の支払い対象にならないケースがあります。
たとえば、そもそも渡航の目的自体が、治療である場合です。日本で実施可能な治療を海外で受けに行く場合はもちろん、日本では実施できない特別な治療を受けるために渡航した場合も、保険給付の対象外となります。

■保険の「約款」を注意してみておきましょう

よく、「クレジットカードの付帯サービスで、海外旅行保険がついているから大丈夫」と安心している方がいらっしゃいますが、実はここに落とし穴がある場合があります。クレジットカードの付帯サービスとしての保険は、そのカードで決済した渡航しか対象にならないことがあるので注意が必要です。

ご出発前には、そのクレジットカードがどのような条件の保険を提供しているのか、約款を確認しておくことをおすすめします。面倒かもしれませんが、これを把握しておくことで、「海外旅行保険に入っていたつもりだったのに、実は、支払い対象とならなかった」ということを避けられたりします。

<クレジット>
文/ライフネットジャーナル オンライン 編集部

Powered by ライフネット生命保険

人生と仕事とお金について考えるメディアライフネットジャーナル オンライン 公式Facebook