(写真はイメージです)

マーケティング部の肥田です。今年で38です。 酒が減り、早い時間に眠くなり、日の出前に目が醒める……と、加齢と共に、生活スタイルが朝方に変化しつつあります。

前髪は後退しきって、ヒゲに白いモノが混じり始め……と、見た目的にも、いよいよ「オジサン」を受け入れるに相応しい準備が整ってきました。 同時に、周りに大病を患う友人が増えてきました。

就業不能状態になった地元の後輩とは、以前動画配信で紹介させていただいたことがありましたが、今年に入って、前職の同僚で今も仕事でお世話になってる後輩が「がん」になりました。

LINEで知らせてくれたのですが、こういう時、なんて返すのが正解なんでしょう……。 当時のLINEのやりとりを振り返ると、連絡をくれた後輩へどんな配慮をしたらよいかの見当がつかず、「!」を多用して高いテンションで、勢いで乗り切ろうとしている様子が見て取れます。

画面から見切れてますが、上部に「久しぶりの連絡なのに、こんな連絡で恐縮」との一言がありました。

大変な時なのに、私を気遣ってくれていることに後日気づいて、読み返す度、何とも言えない気分になります。

もう一つ迷ったのが、手土産……。 1回目のお見舞いは見舞金を持参しましたが、2回目のお見舞い前に「手ブラで良いから。来てくれるだけでうれしいから。」と言われました。

が、先輩としては何かしら気の利いたものを持っていきたくなります。思案したのですが、『モノ』は限られたスペースの病室で邪魔になったら迷惑だろうし、抗がん剤治療中の人に変な飲食物を渡すわけにも……ということで、ボトル入りの『ほうじ茶』をプレゼントしました。

抗がん剤治療はまだしばらく続くらしく、近々、3回目のお見舞いに行く予定です。 次は何を持っていこうか、迷惑にならないけど少しでも喜んでくれるものがなんだろう……と思案することが、まだ少し、続きそうです。

※2018年5月18日「ライフネット生命保険 社員ブログ」より

Powered by ライフネット生命保険

人生と仕事とお金について考えるメディアライフネットジャーナル オンライン 公式Facebook