さまざまながんの中で女性に最も罹患数が多いのが「乳がん」(*1)です。一方で、乳がんの5年相対生存率は90%(*2)を超えています。特に、がんのステージ(進行度)が早ければ早いほど、その生存率は100%に近く、早期発見・早期治療の重要性が再確認されました。

乳がんの早期発見を推進しようと、1980年代にアメリカで乳がんの検診を推進する「ピンクリボン運動」が始まり、日本でも20年ほど前からピンクリボン運動が広がってきました。現在さまざまな企業や団体が、乳がんについての正しい知識を広めるための活動に取り組んでおり、10月はピンクリボン月間として、東京タワーがピンクにライトアップされたり、全国でイベントが開かれたり、ピンクリボンのチャリティ商品が販売されたりと、多彩な活動が展開されています。

「ライフネットジャーナル オンライン」では、過去に乳がんをはじめ、がんに関連するさまざまな記事を紹介してきました。ピンクリボン月間に、改めて読み返したい「乳がん」やがんに関連した記事を厳選してご紹介します。

*1 最新がん統計 2014年罹患数(全国合計値)

*2 国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」 部位別5年相対生存率 2006年〜2008年診断例

●「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」は頼りになると実感した理由
ライフネット生命の社員の家族が乳がんになったときに、ガイドラインが実際に頼りになった、という体験談。いざというときに、玉石混交の情報に惑わされず、信頼できる情報源にアクセスできると安心です。

●乳がんから復帰のだいたひかるさん、心の支えは「夫の献身と2つの保険」
乳がんを公表した、お笑いタレント・だいたひかるさんの体験談。具体的にどのようなことがつらかったか、どのようなことが支えになったのか、お話しくださいました。

●喫煙、食べ物、運動……乳がん予防のために生活習慣から気をつけることとは?
医療従事者が執筆・発信する健康情報サイト「MEDLEY」から、乳がん予防につながる生活習慣を解説した記事をご紹介しています。

●がんの治療中、心を支えてくれたのは「闘病ブログ」だった
乳がんに罹患し、乗り越えてこられた経験者のインタビュー。告知を受けて絶望してから、少しずつ心の支えを得て、仕事に復帰していくときの心情を、経験者の方が詳しくお話ししてくださいました。

●がん患者が心から落ち着けるビューティサロンができたわけ
自らもがんを経験したメイクアップアーティストのさとう桜子さんが、がん患者が抱える心の痛みに寄り添ったビューティサロンを開いた理由をお聞きしました。

●がんと向き合うお金、どんな心構えが必要?
がんを経験したお金のプロ・黒田尚子さんにきく 乳がんに罹患し、がんをはじめとした病気に対する経済的な備えの重要性を訴えているファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん。がんは治療前からお金がかかることも。黒田さんならではのリアルなお金のアドバイスをお届けします。

●家族や友人ががんになったら……患者の気持ちに寄り添う“6か条” 【FP黒田の人生相談】
大切な人ががんになったときに「すべきこと」「すべきではないこと」について知りたい! という相談者さんに、ご自身のがんの経験を踏まえて、FPの黒田尚子さんがお答えしています。

<クレジット>
文/ライフネットジャーナル オンライン 編集部