今回は8月入社の河﨑によるブログです。バルセロナのワイナリーで起きた出来事から、働き方の姿勢について思いを新たにしたそうです。


はじめまして、8月1日に入社した河﨑です。

入社して早1カ月。リモートワーク中心に業務が進む中での入社ということで、不安もありました。しかし「相互扶助の精神」に溢れるメンバーに日々助けられ、少しずつ職場環境にも慣れて参りました!

今回は初ブログということで、簡単な自己紹介も交えながら書いていこうと思います。出身は大阪なのですが、入社早々、同じ小学校の出身者が2人もいるという驚愕の事実が判明! 本当に、不思議な縁もあるものです。それはさておき、東京に出てきてからは銀行、証券会社、投資会社と金融の道を幅広く歩んできましたが、保険会社での勤務は初めてです。

好きなことは旅行、サッカー、綺麗な海を見ること、食べること、そしてお酒を飲むことです。だからというわけではないのですが、社会人になってから一時期、スペインのバルセロナにある大学院に通っていました。その大学院は「Diversity(多様性)、Flexibility(柔軟性)、Collaboration(協力)」を特徴としていたのですが、今思うとライフネット生命とも相通ずる面が多く、ライフネット生命に魅かれたのも偶然ではない気がしています。

バルセロナ(Barcelona)は、地元で使われているカタロニア語で分解するとBar+Cel(空)+Ona(波)を意味します。そんなバルセロナは、私にとって最高の場所でした。詳しくはないもののワインが好きな私は、とある出来事をきっかけに、バルセロナ近郊のペネデス地方に点在しているいくつかのワイナリーのひとつ、Torresのファンになりました。

私の母が日本から遊びに来た際に、Torresのワイナリーを一人で訪問した時の話です。母は、自分の財布が見つからないというトラブルに見舞われ、気が動転していたところ、Torresのスタッフは母が無事に帰れるよう、とても親切に対応してくれたのだそうです。その対応がTorresの企業文化によるものなのかは分かりませんが、その一件で私はすっかりファンになったのでした。

Torresのワインはどれもおいしいですが、中でも「VINA ESMERALDA」という白ワインがすっきりとした飲み心地で、今の暑い季節に冷やして飲むのに最適です!(といいつつ、写真にはサンタが映り込んでいるのですが……)

なんだかとりとめのない話になってしまいましたが、私自身もライフネット生命の契約者でもあり、そこで働く者として、冒頭での「相互扶助の精神」が根づいた企業文化は誇りに感じています。

「施されたら施し返す。恩返しです。」と、某ドラマの登場人物の名言!? ではないですが、Torresのスタッフがそうであったように、まずは自身が「相互扶助の精神」を体現することで、微力ながらライフネット生命のファンを増やしてしていきたいと思います!

経営企画部
河﨑