イメージ

(画像はイメージです)

年に数回訪れる長期休暇は、社会人になるとその使い方をより有意義にしたくなるものですよね。たとえば家族と過ごす時間を増やしたり、友人と遊びの予定を立てたり、自分ひとりでのんびり過ごしたいと考える人もいるでしょう。また普段やろうやろうと思いつつそのままにしてしていることを済ませるのも、また有意義な過ごし方といえるでしょう。

休暇を過ごすならどうやって?一番人気は「旅行」

皆さんは、自由な時間を過ごせるとしたら、どのようなことに時間を使いたいと思いますか?

内閣府による「令和3年度 国民生活に関する世論調査」の「自由時間が増えた場合にしたいこと」に関する回答を見ると、「旅行」と答えた人が64.4%と半数以上を占めています。また、「体操、運動、各種スポーツなど自分で行うスポーツ」(27.8%)のようにアクティブな活動に時間を費やしたいという人もいれば、「睡眠・休養」(25.9%)のように心身を休めることに専念したい人も多いようです。また、まとまった時間を取れる機会を活用したいと考える人も多いのか「学習、習い事などの教養・自己啓発」(22.9%)をしたいという回答も。

長期休暇というとレジャーのイメージが強いかもしれませんが、普段できないことに手を付けるうってつけの機会ともいえそうですね。

なかなか手を付けられない、「家計の見直し」にも時間を使ってみませんか。

イメージ

(画像はイメージです)

長期休暇は、週末や普段の休日だとなかなか手を付けられないことにも手を付けるチャンスです。そこでおすすめなのが、家計の見直しです。

住居費や通信費、保険料といった固定費は、支払いを始めてからその内容を見直したことがないという人もいるかもしれません。特に生命保険は、入りっぱなしになっていないでしょうか?下のチェックポイントを見てみて、当てはまる項目があるのでしたら、そろそろ生命保険の見直しどきかもしれませんよ。

☑ 入っている保険の保障内容を思い出せない
☑ 毎月支払っている保険料がいくらか分からない
☑ 保険に入った後、結婚・出産・住宅購入などをした
☑ 若い頃に入った保険のままで、大丈夫か気になる

上記に1つ以上当てはまった人は、以下のステップで保険の見直しを進めてみてもいいかもしれません。

  1. 現在契約している保険の保険証券で保障内容を確認する
  2. 保障内容が今の自分や家族の状況に合っているか考えてみる
  3. 保障が足りない部分は補い、大きすぎる部分は削る

独身の時に加入したままの保険だと、結婚して家族が増えたり子どもができたりした時に、保障が足りないこともあります。反対に、住宅購入後や子どもの独立後は保障を削減しても良いでしょう。

保障を手厚くすると、保険料も高くなります。必要以上の保障になっていないかも、確認しておきたいですね。

ライフネット生命で保険を見直して保険料が年間約8万円の節約に?!

保険の見直しはしたいけれど、家からはなるべく出たくない……そんな人におすすめなのが、ネット保険です。

ネット保険はパソコンやスマートフォンで保険料の見積りや申込を完結できるタイプの保険です。人や店舗にかかる経費が抑えられる分、保険料も割安な傾向にあります。生命保険会社の中でもネット保険を取り扱う会社は増えてきていますので、その中から検討をしてみるのも良いでしょう。

たとえば、ライフネット生命では、シンプルな保障内容の商品を取り扱っている点も特長です。ゆったり自宅で過ごしたいときに、スマホで選びやすいのは嬉しいですよね。保障を手厚くしたり、必要最小限にしたりして、保険料を比べるのも簡単です。また、ライフネット生命で保険を見直して保険料が安くなったと回答した方は、1ヶ月平均で7,378円、年間で88,536円相当の節約を実現しています。

※2021年申込時アンケート結果(有効回答数326名)
※乗換による解約はお客さまの不利益になる場合がありますので、保険の見直しに当たってはご注意ください。

長期休暇の機会を活かし、まずはライフネット生命の無料見積りから試してみませんか?

ご契約者さまから
高く評価されています!


ライフネット生命の
ご契約者さま満足度は
95%!

※2020年8月 ご契約者さまアンケートより(回答数:2823人)

構成・文/年永 亜美(ライフネットジャーナル編集部)