こんにちは、代理店推進部の関口です。

我が家には、1歳になる「双子の女の子」がいます。
毎日てんやわんやです。

私の1日のざっくりとしたスケジュールです。
————————-
・登園の準備
  → 朝ご飯を食べずに、子ども2人で遊び回る
・登園
  → 2人ともベビーカーに乗車拒否して泣く
・仕事
     → 仕事中が自分の時間
・晩御飯
        → 2人ともものすごく泣く、喧嘩する
・お風呂
        → 2人とも水が嫌で暴れまわる
・寝かしつけ
        → 2人ともぜんぜん寝ない、2人とも寝るのは0時前くらい
・洗濯、保育園の準備
        → 洗濯物の枚数がものすごく多い
・寝る
        → 目覚めるとまた1日が始まる……
————————-

あっという間に、1日が終わります。

ただ、双子の子育てで、一番辛いのは……
『「お父さん好き?」と聞くと、2人して「ううん」と首を横に振ること』です。
こんなにお世話をしているのに……

以前はしゃにむに働くスタイルでしたが、いまは短時間で集中して働くよう、心がけています。

共働きなので、家事育児の分担は、妻と極力半々にしています(あくまで、私の自己申告です)。

ただ、こうした家庭と仕事を両立した生活が送れているのも、個々人に合った働き方をサポートしてくれる、会社のメンバーのおかげだと、日々感謝をしています。

特に、「子どもが発熱した……」といった時に、心置きなく休ませて貰える雰囲気があるところが、一番助かっています。

自然と、その分働いている時間も、もっとがんばらないと、
という気持ちになります。

ところで、会社のマニフェストには、
「私たちは、自分たちの友人や家族に自信をもってすすめられる商品・サービスだけを届ける。」
という行動指針があります。この考え方が、本当にいいなあと思っています。

なぜかというと、自分が商品やサービスを自信をもってすすめるには、
「従業員としてこの会社で働くことに満足している」ことに加えて、
「生活者として自分の暮らしを大切にできている」
ということが必要だと思うからです。

自身が納得のいく働き方、生活ができて初めて、生命保険という、お客さまの役に立つための商品を提供できると考えています。

……若干固い話になりましたので、かなり前の写真ですが、双子の活気のある写真をお届けしたいと思います。

大泣きする2人のお世話をするのは大変ですが、それでも、とっても可愛いです。

代理店推進部
関口