• TOP
  • 更新情報一覧
更新情報一覧
  • 2018年03月20日
    女性の社会進出と医学の発達がウィッグを進化させた!?──アデランスの取り組み

    ライフネット生命は2017年8月のがん保険の発売に伴い、働きながらがんを治療することをサポートする「がん生活サポートサービス」の提供を開始しました。2018年1月には、アデランスと提携し、「がん生活サポートサービス」に「 […]

  • 2018年03月20日
    もっと多くの人にスポーツを楽しんでもらうために

    何かに挑戦したいと思ったら、夢を持ち、それを楽しみたいもの。さまざまな身体条件をもつ人たちにそんな時間を共有できる機会を提供しようと考えて、NPO法人D-SHiPS32を運営する上原大祐さんにお話を聞きました。 当記事は […]

  • 2018年03月16日
    がん治療と就労を両立させるために、企業は何をすべきか?——第2回がんアライ部勉強会

    「がんと就労」に関する民間プロジェクト「がんアライ部」第2回勉強会では、さまざまな企業の人事担当者が参加し、グループごとにディスカッションをするワークショップを行いました。もし、自社の社員ががんに罹患した場合、会社の規定 […]

  • 2018年03月16日
    保険で受け取ったお金にかかる税金は、種類によって異なるの!?

    入院したときに受け取った医療保険の給付金、がんになったときに受け取った診断一時金、家族が亡くなったときに受け取った死亡保険金……。保険会社から受け取ったこれらのお金に税金はかかるのでしょうか? かかるとしたら、どのような […]

  • 2018年03月13日
    がん治療と就労 企業ができる両立支援とは──キーワードは「事例性」と「疾病性」

    がんと就労問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」の第2回の勉強会では、100社以上で多くのがん罹患社員を就労支援してきた、順天堂大学 公衆衛生学講座の遠藤源樹准教授から「がん治療と就労の両立」についての具体的な提 […]

  • 2018年03月09日
    生活者のお金と保険のリテラシーを上げる方法は?

    ファイナンシャルプランナー(FP)の馬養雅子さんは、書籍や雑誌、ウェブ媒体など、執筆活動でもご活躍されています。最近は相談よりも、執筆活動に注力したいのだとか。FPというと、生活者の相談に乗るのが仕事というイメージもあり […]

  • 2018年03月09日
    病とともに走るプロサイクリストたち

    11月14日は世界糖尿病デーに定められ、この日を中心に糖尿病の予防や治療について考えるための活動が世界で行われています。疾患啓発にもつながる活動のひとつとして、選手全員が1型糖尿病患者というプロサイクリングチーム、チーム […]

  • 2018年03月06日
    人生で最初に入っておくべき保険は「就業不能保険」だった!?

    年度替わりの近いこの季節、自身や家族の環境の変化から、保険の加入や見直しを検討している人も多いはず。しかし一口に「保険」といっても種類はさまざまで、それに代わる選択肢もたくさんあります。そもそも、それらがどのようなリスク […]

  • 2018年03月02日
    二分の一成人式で語られた、娘の将来の夢は……

    こんにちは。人事総務部の関根です。 小学4年生(10才)の子どもがいます。 先日、「二分の一成人式」という学校行事に参加をしてきました。 私の子どもの頃にはなかったイベントです。 昨年、小学校のPTA活動をしていた時に、 […]

  • 2018年03月02日
    教育格差によって生じる不平等をなくしたい

    長く続く経済不況により格差社会が叫ばれ、子どもが教育を受ける可能性にも影響が出ています。子どもたち自身にも社会全体にとっても教育格差の問題は重大です。そこで将来ある子供たちに勉強の機会を与えようと活動するスタディクーポン […]